初めての方も飲みやすくて人気の青汁で健康生活を送りませんか?

いろいろな青汁の飲み方

野菜とジュース

美容や健康に良いということで随分と昔から親しまれている青汁ですが、その独特の風味から苦手意識を持ってしまうこともあるかもしれません。しかし最近では独特の苦味を持っているケールを原材料として使用していなかったり、そのケールも品種改良によってエグみが少なくなっていたりと様々な工夫がされている青汁が増加しています。

更に予めフルーツやはちみつなどが含まれているものや、タブレット状になっているために味を感じることがない青汁なども販売されているため、以前と比べるとかなり味に関する敷居は低くなったのではないかと思います。

しかしそれでもどうしても受け付けないという方もいらっしゃることでしょう。無理に飲まなければ良いのかもしれませんが、健康や美容、ダイエットのためにどうしても飲みたいと思うこともあるかもしれません。

そのようなときにはいろいろなものを加えてみると美味しく飲めることがあります。

例えば苦味が気になる場合にははちみつや黒蜜などの甘いものを加えてあげるだけでもかなり飲みやすくなります。砂糖を入れるというのも有効ですが、はちみつや黒蜜などのほうがカロリーが低いためおすすめなのです。

青臭いのが気になるだけであるといった際には柑橘類を少量絞って入れてあげると軽減します。レモンやグレープフルーツだけでなくオレンジなども有効であるといわれています。

青汁を割るものとして有名なのは牛乳ですね。牛乳を合わせることによって青汁の青臭さや苦味がまろやかになるだけでなく、タンパク質やカルシウムといった牛乳の栄養素を一緒に摂取することができるというメリットがあります。

抹茶ミルクのような味になるといわれているため、比較的想像しやすい風味となるでしょう。

牛乳ではなく豆乳にするという方法もあります。豆乳にするとビタミンEや葉酸、鉄分といった豊富な栄養素を一緒に摂取することができますし、牛乳よりもカロリーが低いということでダイエット目的で青汁を摂取したい方にはおすすめです。

置き換えダイエットのような要領で摂取したい場合にはフルーツジュースと組み合わあせてあげるのも良いかと思います。毎日違うフルーツで割ってあげるのもまた楽しいかもしれません。

このように様々なものと組み合わせることで飲みやすくなり、さらに栄養素を追加することが可能です。

あまり得意ではない味のものよりも美味しいもののほうが毎日飲みやすいのは当然のことですし、自分が飲みやすいようにアレンジして無理なく続けていきたいものですね。

青汁おすすめ口コミ比較ランキング| TOPへもどる↑