初めての方も飲みやすくて人気の青汁で健康生活を送りませんか?

まずは青汁のイメージを取っ払って

青汁を最初に発明した人は凄いなと思います。最初は、物凄く単純なものだったのかもしれませんね。なんだか、凄く自然感満載というかんじで、申し訳ありませんが、飲めと言われたら全力で抵抗するかもしれません。

一昔前の青汁ですら飲むのは抵抗があったのに、もっと古いとなると、もっと凄い味がしたのではと思ってしまいます。

それを考えると、今は凄く美味しくなりましたし、レパートリーも豊富ですね。未だに青汁に抵抗がある人は少なくないと思いますが、それでも昔よりはかなりマシになったのではないでしょうか。

今はまるで抹茶のようです。抹茶が嫌いな人だったらやはり飲むのに抵抗があるかもしれませんが、そこまで抵抗がない人だったらすんなり飲めるのではないでしょうか。
抹茶と言ってもびっくりするくらい濃いものではありません。
確かに抹茶といっても濃さにはかなりの差がありますが、とにかく濃いというほどではありません。
濃い抹茶がそれほど得意でなくても飲めるようなものだと思います。
場合によっては、水を入れるなどして濃さを調節するのも良いかもしれません。
それに、色々なもので割って飲んでも美味しいのではないでしょうか。
青汁を割って飲むというとなんか変なかんじがするかもしれませんが、抹茶風味と聞けばそれほど抵抗がなくなると思います。
抹茶は和のものですが、ソフトクリームやケーキなど、洋風にアレンジされたものも数多くあります。
何かで割って飲むというのも抵抗無く出来るのではないでしょうか。
きっと美味しく飲めると思うので、色々試してみてください。
青汁という言葉から凄く青臭いイメージを持っている人も少なくないとは思うのですが、今のものはそこまで青臭くはありません。
入っているものはそういうものかもしれませんが、味や臭いにはとても気を使っています。
ですので、気にするなとまでは言いませんが、気にし過ぎなくてもいいような気はします。
飲んでみたらイメージが変わるかもしれません。
また、自分が飲んだものが特別美味しくなくても、もしかしたら他のものはとても美味しいかもしれませんし、お菓子を作るときに混ぜてみたらとても美味しいかもしれません。
まずは自分の持っているイメージを取っ払って、飲むなり使うなりしてみてください。
そうすることで、見えてくるものがあるのではないでしょうか。
自分なりの使い道を見つけられると思いますし、気に入ればきっと買い続けると思います。